押さえるべきポイントは3つ!引っ越しですべきことがすぐわかる

Pocket

一人暮らしや就職、結婚、転勤など、人生で一度は経験するのが引っ越しです。
みなさんはどの様な方法で引っ越し業者を選んで利用しているでしょうか。
初めての引っ越しで、何を確認して、どうやって引っ越し業者を選んだらいいのか分からないという方もいるでしょうから、引っ越しの際にチェックしたいポイントを見ていきます。

①いつどこに引っ越したいのか自分の条件を確認しておく

できれば、余裕を持って1か月ぐらい前までには引っ越しの予定を立てましょう。
引っ越し先がいつから入居できるのかをチェックして、日にちをある程度この日からこの日の間に引っ越したいというのを決めておくと、見積りをとる時に話が早いです。引っ越しの多いシーズンとなる3月は、料金が高くなってしまいます。
また、平日に比べて土日は高くなりますし、午前中・午後・夕方といった時間帯によっても料金は変動しますので、融通が利くようであれば、なるべく安い日にち・曜日・時間帯を選ぶこともできますね。引っ越し先が一軒家なのか、マンションであれば何階なのか、エレベーターは利用できるのかによっても料金が変わります。

②どれぐらいの荷物になるか数えてみよう

見積りをとる際に、家にどのぐらいの荷物があるのかを把握しておく必要があります。
テレビや冷蔵庫、洗濯機などの大型の家電の他、ベッドやテーブルやソファなどの大型家具、衣装ケースの数、段ボールが何箱ぐらいになりそうかを把握しておきましょう。
荷物が多くなれば大きなトラックが必要になりますし、作業員の数も増えます。
金額が思ったよりもかなり高い見積りになったという事もありますので、その様な場合には本当に必要な荷物だけを持って行って、その他は処分、あとは引っ越し先で買いなおす方がお金はかからないという場合もありますので、見積りを見てからも再検討する必要があります。部屋掃除のプロであるハウスクリーニングの業者によっては、部屋掃除で出たゴミを引き取ってくれる場合もあるので、1度問い合わせするのも手です。

③引っ越し業者に見積りをお願いしよう

大まかに日にちと荷物の量が決まったら、引っ越し業者に見積りをお願いしましょう。
一口に引っ越し業者と言っても、全国展開している大手の引っ越し業者もあれば、地域に密着した地元の業者もあります。
どこを選べばいいのか分からないという方は、一括で各社の見積りをとって比較できるサイトがありますので、そちらを利用して見積りしてみましょう。
一括見積の候補には入っていない、例えば関東圏の東京・神奈川・埼玉・千葉を専門にしている引っ越し業者もありますので、そちらも見積りをとってみるといいですね。梱包までは自分でして後は運んでもらうだけというプランや、
荷造り・梱包まで全て業者にお任せするというプランなど、業者によって様々なプランが用意されていたりしますので、自分でどこまでやるのかという事も条件として考えておくようにしましょう。

まとめ

初めての引っ越しなどは不安な事も多いですね。上手に日にちや時間帯を選んで利用する事で、引っ越し料金も大きく変わってきます。
一人の引っ越しには単身パックのようなプランが用意されており、場合によってはさらにお得になる事もあります。
一括見積りなどを使って、複数の業者で見積りをとることが価格を抑えられるかどうかのポイントです。
引っ越しシーズンになると業者が予約でいっぱいになっている事もありますし、初めに申告しておいた荷物よりも多くなってしまうと当日になってプラスで料金が発生し思わぬ出費になってしまうという事もありますので、引っ越しの相談はなるべく早めに、きちんと荷物の量を把握してからするようにしてください。