1人分の引っ越しを安く済ませる3つの手段

共有

1人分の引っ越しなのに、普通に引っ越ししようと思うとなかなか費用が掛かるもの…。費用を抑えるにはどのような方法があるかご紹介します。

①単身パックを利用する

初めに紹介する手段は、引っ越し会社の単身パックです。
”引っ越し 単身”などで検索すると一番に出てくる手段ではないでしょうか?
王道ですが、引越し会社の単身パックサービスの利用がやはり便利でお得です。
結婚して子供も出来、家族が増えると引越の作業は手間がかかりがちです。
逆に、独身者であれば運ぶ荷物も少なく、簡単に作業が終わってしまう事で、通常の引越しサービスでは料金が無駄に高く感じる事があり、割りに合わないと思う人も多い事でしょう。
そうした料金とサービスのギャップを上手く埋めてくれるものが、単身パックです。

実際に単身パックを利用した人の体験談

以前遠方へ転勤していたのですが、自己都合のため転勤先で退職をし、実家へ帰る事になりました。その際困ったのが引越しについてです。
転勤する際には引越し料金は全て会社持ちだったため、私自身は何も考える必要も無く、
お金も一銭も払わなくて済みました。しかし退職したとなると料金は全て自分持ちになります。
そこで改めて気づいたのが引越しに必要な予算です。遠方へ移動するため、必然的に料金は高くなっていく事になります。
そんな時、困っていた私を見ていた同僚が単身パックの存在を教えてくれました。
さっそく引越し会社に連絡して尋ね、見積もりを取りに来てもらいました。
その時に料金の説明があったのですが、通常の料金と比較すると大幅に安い事に驚きを覚えました。
また、引越し作業もワゴンに荷物を入れていくだけなので、すぐに終了しますとの説明がありました。
私は迷う暇も無く即決。単身パックを選んだ事で、浮いたお金は生活費に当てる事が出来ましたし、実家の家族のおみやげも良い物を買う事が出来ました。とにかく便利で安い為、
単身パックはおすすめです。

②家具はレンタルにする

次に紹介する手段、家具をレンタルにするというものです。
単身引越しの場合、ワンルームなど小さい部屋などで暮らす場合が多いです。
そうした時に家庭で使っていた家具というのは大きいものが多く、それを新たな住まいで使うとなるとどうしても邪魔になってしまいます。
家具というのは幅も重さもある為に引越においても費用が掛かります。
そこで最近はレンタル家具というのを利用する人が増えてきています。
レンタル家具を利用することで、家具を運ばなくていい為に、引越しで持っていくものが少なくなるので、
費用も必然的に安くなります。こうしたレンタル家具を利用することで、部屋を上手く使えたり、単身での引越しにおいては楽にすることが可能です。
場合によっては手荷物で大半が済まされる為に、費用を格段に安く抑える事が可能になります。
また、レンタルで利用ということで使えない期間というのも同時になくすことができる為に、引越ししてすぐに普段の生活に戻ることもできるので、忙しい単身での引越しには有効とされています。
引っ越しで持って行くのにかかる料金と、処分の料金を比較して検討すると良いでしょう。

③自力で頑張る

単身で比較的に荷物が少ない場合は、自力での引越し作業が単身引っ越しの最安値となるでしょう。
自力で引っ越しする場合の注意ポイントを紹介します。
まず車の手配をしておくことをおすすめします。
荷物を沢山詰めるような車がある場合は問題ないですが、無い場合はレンタカーの予約や友人にお願いする必要があります。特にレンタカーを手配する場合は早めの行動を心がけましょう。混雑時期になると予約が増え、希望の日時に借りられない場合があるからです。
また、ある程度の目途が立ったら人手の確保を行いましょう。
いくら単身の引越しで荷物が少ないとはいえ、一人で冷蔵庫や洗濯機を運び出すのは非常に大変です。友人や家族に手伝ってもらうようにしましょう。
次に引越しの荷造りに必要な道具を準備しましょう。
主に必要な道具は、ダンボールや新聞紙、ガムテープや軍手です。
特にダンボールは沢山使用するので多めに用意しておくと便利です。
ダンボールの購入費を抑えたい場合はスーパーで貰える廃材の物が活用できます。
道具の準備が出来たら荷造りを開始です。荷造りを行う場合は、必ず出番の少ない道具から詰めるようにしましょう。
先に出番の多い日用品などを詰めてしまうと、後から必要になった場合に非常に困ってしまいます。
オフシーズンの衣類やタンスの奥にあるような物から詰めていくといいでしょう。
また、なんでもかんでも詰めるのではなく、必要な物だけを詰める事が大切です。
荷物が増えれば、その分引っ越し費用がかさんでしまうため、引っ越しを機会に断捨離することもオススメです。時間がない場合はハウスクリーニングと共に不用品回収を行ってくれる業者に依頼して、家の掃除と断捨離を一気に行ってしまいましょう。
整理整頓することが出来れば荷物も少なくなすり、引越し先での荷ほどきも一段と楽になります。