【初めての人向け】一人の引っ越し、段ボールどのくらい必要?

共有
はじめに

引っ越しを行う場合、単身でひとりで行う場合もありますし、家族全員で行う場合もあります。
そして、家族全員となるとかなり荷物も増えますので、引っ越し業者などでトラックを用意してもらうなどが
一般的です。それから、単身の場合はひとりでの移動となりますので、かなり荷物は少なくなります。
マンスリーマンションなど、家具や家電などもついている物件であれば、そうした準備も必要なく
手荷物だけで移動することもできます。
そして、単身で荷物も少ないのであれば、わざわざトラックを出してもらうほどではないと考える方も
いらっしゃるのではないでしょうかそのような方は単身パックの利用を考えてみてはいかがでしょうか。

そもそも単身パックってなに?

単身パックとは、引っ越し業者が少量の荷物で引っ越したい人向けに展開しているサービスです。
制限内の段ボールでの引っ越しや、専用のボックスに荷物を入れて複数のお客様の荷物と一緒に
運送するため、通常の引っ越しサービスに比べ、費用は格段に安く設定されていることが多いです。

 

引っ越し業者は複数比較しよう

荷物の少ない方や、家具や家電はあとで購入する予定という方であれば、こうしたサービスを
利用すると良いでしょう。
それから業者によって、ボックスの大きさや料金はまちまちとなっていますので、
まずはよく比較しておきましょう。
どの業者を選ぶかは悩んでしまうものですが、インターネットでは一括見積ができるサイトもありますので
そうしたサイトも活用して、低価格で利用できる業者を見つけていきましょう。
そして、料金はもちろんですが、サービス内容についてもしっかり確認して最適なサービスを選んでいきましょう。

 

段ボールってどのくらい必要?

比較前にダンボールがどれぐらい必要になるかも確認しておきたいところです。
ワンルームのような狭い部屋に移動する場合であれば、10個以下など比較的少なく済むことも多くなっています。
1kや1LDKの場合は10~15個程度、2kや2LDKとなると20~30個は必要となると考えておいたほうが良いでしょう

TIPS!

段ボールの個数が増えてくるとどの箱にどんなものが入っているのか探すのも大変となりますので、外に書いておくなどして、すぐにほしいものが見つけられるようにしておきましょう。
単身の場合はあまり荷物が必要ないというイメージもありますが、生活用品や衣服、本、CDなど実際にまとめてみると意外と単身でも多くの荷物がある場合もあります。
そして、荷物が多くなればそれだけ費用も多く必要となり、整理も大変となりますので、
できるだけ余計なものは処分しておくと良いでしょう。

引っ越し前に部屋をきれいにしておくことも大切です。とは言っても引っ越し前はバタバタするもの…。掃除する時間がない人はプロにハウスクリーニングをお願いするのも一つの手です。

まとめ

・ワンルームの場合は10個以下の場合も
・1K-1LDKの場合は10~15個程度
・2K~2LDKの場合は20~30個
もちろん所有する雑貨や洋服によって個数は変わりますが引っ越し見積もりの参考にしてください。