引っ越し業者の選定から引っ越し当日までの流れを完全攻略

Pocket

引っ越しする理由が転勤であれ、結婚であれ、あるいは離婚であれ、理由に関わらず寂しいものです。
なじんだ場所、安定した場所を離れたくないというのは、人間の本能なのでしょうか。
さて、いずれにせよ引っ越しが決まったからには、具体的な行動を起こさなければなりません。
引っ越し先の物件は決めましたか。
これが決まらなければ、引っ越しはできません。
役所への転出入の手続きも必要です。同僚や近所の人たちへのあいさつも忘れないようにしましょう。粗大ごみの始末、公共料金の停止、金融機関への住所変更届など、やることが多くて嫌になってしまいますね…。
しかし、引っ越しの流れをさえ掴んでしまえば、行動に目途がつき、精神的負担が減りますよ!
この記事で引っ越しの流れをざっくり把握してしまいましょう

引っ越しの第一歩、依頼する引っ越し業者を決めよう!

まずは引っ越し業者の選定です。最近はインターネットですぐに複数社の比較見積もりが出来るので、
それらを活用すると、引っ越しの相場感覚がつかめます。
距離に応じた基本料金は、国土交通省の定めによって動かせないものがあるのですが、
それら以外の変動費の部分に関しては、こちらの工夫次第では安く済ますことができます。
引っ越し料金が高くなる理由は、人件費やトラックの型です。荷物を減らせば、トラックは小型化し、しかも作業員の数も減るので、それだけ費用が安く済むと言うことになります。
荷物をなるべく処分して、当日は最低限の量に抑えておくとともに、自分自身も作業員の一人として働く旨を申し出ましょう。
ただし、ただ安いからと言って選んでしまうのも問題です。運んでもらう荷物は、あなたのこれまでの人生がすべて具現化された象徴です。
大切なものです。傷つけずに大切に運んでもらえる業者なのかどうか、費用の見積もりに来た際に、その作業員をしっかりとみることも大切です。

契約後から引っ越し当日までの流れ

引っ越し会社に訪問見積もりをしてもらって正式に依頼をすると、
当日までの流れを指示してもらえるようになります。
基本的には契約書が発行されませんし、訪問を受けた際に引っ越し作業について詳しく書かれたパンフレットを置いていってもらえるので電話やメールで連絡を取り合うことになります。
プランにもよりますが、ダンボールの箱数や布団袋そしてガムテープなどを無料でもらえる場合が多く、数日以内に運送業者を通じて届けてもらえたり直接持ってきてくれたりしますので、引っ越しの準備を始めることができます。
自分でできる範囲で梱包を済ませておけば、料金を大幅に引き下げてもらえる可能性がありますし、新居にてダンボールを開封する際も何が何処に入っているのかがすぐに分かります。
ダンボール箱が不足するようであれば担当者に連絡をして有料で追加することもできます。
前日もしくは前々日になりますと、最終確認としてスタッフの来訪日時についての連絡があり、この段階で営業スタッフから当日の作業スタッフへと担当者が変わることになります。
当日は作業スタッフへ簡単に指示を出しながら、運び出し忘れているものがないかを確認していきます。
そして荷物を移送した後は、新居にて家具や電化製品の設置場所を指示していていき、
全ての作業が完了となります。
引っ越し業者によっては後日メールやアンケートフォームなどで当日の流れなどの
評価を求められることがあります。

TIPS!引越しに伴う不要品処分の方法

引っ越しの荷造りでは、色々と不要品が出てきます。その不要になっている品物
を処分するための方法には、大きく分けると2通りあります。不要な品物を捨てるか、売却です。
まず前者の方法としては、いわゆるゴミ出しになります。各自治体が指定している方法によって、その不要な物品をゴミ置き場などに運搬して処分する方法です。
ただし大きめな物は、粗大ゴミとして処分する必要があります。そのためには、近隣のお店などから粗大ゴミの回収をするための有料シールが必要になります。その後、自治体に予約をとり、所定の場所に引っ越しの不要なものを出すという手間がかかります。
そういった作業が面倒に感じた場合は、不用品回収の業者を利用する方法もあります。
ただし不用品回収の場合は、料金が発生します。
もう1つの方法は売却なのですが、それにもさらに複数の方法があります。
リサイクルショップに売却するか、ネットオークションか買取店です。
まずは1つ目の方法ですが、街で見かける様々なリサイクルショップにそれを持ち込んで売却する方法があります。ただし買い取ってくれる物品は、リサイクルショップによって様々です。2つ目は、ネットオークションに不要なものを出品して荷物を処分する方法があります。ただしオークションの場合は、出品の際に色々な手続きや時間などが必要になってきます。3つ目の買取店は、いわゆる買取専門の業者に不要な物品を売却する方法です。
無料査定で複数業者を比較して、一番高く買い取ってくれる業者を探すのが一般的です。

 

 

お世話になった部屋の掃除も忘れずに!

長年こびりついたお風呂のカビや台所の油汚れは意外と頑固なものです。
引っ越し直前は荷造りで精いっぱいになってしまうことも多いので余裕をもって掃除しておきましょう。
時間がない場合は、ハウスクリーニングを利用しましょう。道具をそろえる手間や労力を考えると安上がりの場合もあります。見積りをとって自分でするか考えるのも一つの手です。