任意売却とは


住宅ローンなどの返済ができなくなると、通常は債権者があらかじめ担保として取っておいた不動産を差し押さえて、裁判所に競売を申し立てて、売却代金から住宅ローン残金の返済に充てます。任意売却とは、債務者と債権者の合意に基づいて、不動産を売却して、その売却代金を住宅ローンの残金の返済に充てます。
任意売却は、通常の不動産取引で売買されるため、競売とは違って高値で売却でき、その分債務が軽減されます。また、手続きに要する時間も短いのもメリットです。買い手に取っても購入しやすいので、買主を見つけやすく、引き渡し日などの交渉が可能な場合もあります。デメリットとしては、期限が設定されていて、買受申出人決定日までに売却交渉をまとめなければならないこと、関係者の意見をまとめる必要があることです。
任意売却の流れは、次のようになります。住宅ローンの滞納が始まると、滞納1ヶ月目から督促状が送られてきます。滞納3ヶ月から6ヶ月になると、期限の利益喪失となるので、このタイミングで債権者に任意売却の申請をして同意を得ます。債務者の側から提案される場合もあります。売却に関する手続きを不動産仲介業者に依頼することに同意を得られれば、以降の手続きは不動産仲介業者が中心になって行います。売却価格の決定と買主の決定後、利害関係者の同意に基づいて売買契約を結んだら、決済を行います。競売手続きの取下げや精算手続きが行われ、不動産の名義が変わります。返済できた債務、交渉で免除された債務はなくなります。