任意売却に困ったときは無料相談に相談しよう

住宅を購入する際には一般的に金融機関でローンを組みますが、融資の条件として不動産に抵当権を設定します。もし債務者がローンの返済が出来なくなってしまった場合には、金融機関は抵当権を実行して物件を競売にかけることが可能となります。しかし競売で物件を売却する場合には、時間がかかり過ぎてしまうというデメリットがありますし、また売却価格に関しても市場価格によりも安くなってしまいます。
そのためローンの返済が滞った場合には、競売ではなく任意売却で不動産を処分する方法もあります。任意売却とは債権者の同意を得て物件を売却する手段で、競売よりも高値で売却できますし、売却出来るまでの時間も短くて済みます。債務者にとっては出来るだけ高値で売却出来た方が残債を減らすことが出来ますので、メリットは大きいです。また債権者にとっても競売の手続きをするとなると費用や時間的な負担が発生しますので、任意売却で物件を処分することには賛同してもらえやすいです。更にローンの返済が滞り強制的に競売手続きが開始されるよりも、自発的に任意売却を選択して出来るだけローンを返済しようとする意思を示すことによって、残債の支払い方法なども考慮してもらえる可能性があります。
任意売却を実行するにあたり、不安なこともあります。債権者の同意を得る必要がありますし、競売が完了するまでという時間的な制約もありますので、任意売却を検討する場合は事前に専門業者に相談することが大切です。

住宅ローンが払えなくなってしまった場合の任意売却とは

住宅を購入する場合、大半の人は金融機関の住宅ローン利用してマイホームを購入しています。
例えば、5000万円の物件を購入する場合、頭金が2000万円しかない場合でも3000万円の住宅ローンを組む事で5000万円のマイホームを手に入れる事が出来るわけです。

尚、ローンは高額なものであり、ローンを組む時には抵当権が設定されることになります。
抵当権はローンを支払った金融機関における権利であり、ローンの支払いが困難になった時は、抵当権を行使して競売にかける権利を持つのが特徴です。

競売は裁判所を通じて行われるものであり、住宅のオークションとなるものです。
入札者の中で一番高い金額で入札した人に落札の権利が与えられるのですが、競売物件は通常の物件よりも安く購入が出来ると言う特徴を持ちます。
しかし、競売にかけられてしまうと、市場価格を大幅に下回る金額で取引が行われることになるため、ローンの残高が多い場合などでは債務が残る可能性も高く、任意売却を進める金融機関も多いと言います。

任意売却は、一般的な不動産会社に対して購入希望者を探して貰う方法であり、市場価格に近い額で住宅を売却できると言うメリットや、競売のように差し押さえが行われると言うデメリットが無いのが特徴です。

尚、任意売却には一般的な人が購入すると言う仲介による任意売却と不動産会社が直接購入する任意売却の2つの種類が有るのが特徴で、何れの場合も競売よりも高く売却が出来るため、住宅ローンの残債をゼロに出来る可能性が高くなると言うメリットが有ります。

不動産の任意売却について

所有している一戸建て住宅等の不動産物件を売却する方法には、いくつかの種類があります。一般的には不動産業者に依頼して売却の手続きを進めることになりますが、この場合でも通常の売却と任意売却に分けられます。
任意売却とは住宅ローンの返済が厳しくなった時に、競売を免れるために有効な方法と言えます。競売になった場合は実際の取引価格と比べて大幅に安い金額で手放すことになってしまいます。大切な財産は少しでも高く売りたいですから、競売になる前に手を打つことが大切です。
住宅ローンの返済が滞りだしたら、早めに任意売却に踏み切りましょう。一ヶ月や二ヶ月程度の滞納なら立て直すことも可能ですが、それ以上滞ると後々大変ですから、早めに判断しなければなりません。
任意売却を成立させたとしてもローンが残ってしまったり引っ越し費用が準備できないということはできるだけ避けたいですね。売却を依頼する不動産会社に相談しながら進めていくと、良い方法をアドバイスしてもらえます。ローンが残っても新しく借りる住まいの家賃が払えるように、無理のない金額で返済していくことができます。今後の生活費や家賃は確保しなければならないので、毎月一万円や二万円ずつでも返済していきましょう。
任意売却が成立すれば新しい生活を始めることができます。住宅ローンの返済に追われなくなった分、ゆとりのある生活に切り替えられるはずです。残債を早くなくすためにも家賃が低めの物件を探してみましょう。